英語を話せるようになりたいなら留学生と絡んでみよう

私が英語を習得する上で特に重視していたのはスピーキングの能力の向上です。なぜなら英語というのはあくまでコミュニケーションツールであり、会話を通じて相手にものを伝える能力が向上していき、最終的にその経験がヒアリングやライティングの能力に活かされるはずであると考えていたからです。そこで私が良くやっていたのは、大学などにある留学生センターのようなところに行き、ロビーで暇そうにしている留学生とひたすら話すということです。日本人はシャイな性格の人が多いため、留学生としても日本人との交流を楽しみにしてきている人が多いのに、実際に来てみると話し相手があまりおらずさびしい思いをしている方もいます。そこで私のような英語を学びたい人が積極的に話しかけると面倒がられるどころか、歓迎されることがほとんどです。そしてそこでの会話を通じて英語のみならず、海外の慣習や方言なんかも学ぶことができるので一石二鳥です。もし本気で英会話を始めてみたいと考えている方がいるなら、飛び込みで留学生との交流をしてみてもいいかもしれません。

NYと日本の違いとは?